同僚や共同編集者が慎重にスタイルを設定したWord文書を開くと、見た目が少し異なることに気付いたかもしれません。 これは、ユーザーがあなたと同じフォントを持っていないためによく発生します。 また、ドキュメントでこれらのフォントの1つを使用すると、Wordのコピーでそのフォントを再作成できません。 代わりに、Wordはデフォルトのフォントまたは同様のフォントのいずれかを選択し、最善を尽くします。

日常のドキュメントの場合、これはそれほど問題にはなりません。 しかし、外観が重要なドキュメントの場合、これは大きな欠点になる可能性があります。 多くの人がPDFを使用してコンテンツを配布する理由の1つですが、PDFはWord文書と同じ編集機能を提供していません。 テキストを同じままにして編集機能を維持する必要がある場合は、フォントをMicrosoftWordに埋め込む必要があります。

埋め込みフォントは何をしますか?

フォントを埋め込むと、フォントファイルがWord文書内に保存されます。 これは、フォントがドキュメントと一緒に移動する必要があるため、ファイルのサイズを大きくする効果があります。 ただし、すでに画像が埋め込まれている場合は、違いがあまり目立たない可能性があります。 ファイルのフットプリントを削減するために実行できるスペース節約策もあります。

これは、Microsoft Word、PowerPoint、およびPublisherでのみ機能し、Windowsバージョンのアプリケーションでのみ機能します。 Mac、iOS、Android、またはWebバージョンのアプリケーションでは機能しません。

さらに、フォントが許可されている場合にのみ、フォントを埋め込むことができます。 これはと呼ばれます embedding permission, すべてのフォントで許可されるわけではありません。 これは、フォントの使用を多数のマシンに制限する方法であるため、ライセンスは、コストを下げるためにこの使用を除外する場合があります。 これが発生した場合、受信者はドキュメントを表示および印刷できますが、編集はできません。

Also read:MicrosoftWordでマクロを作成して使用する方法

MicrosoftWordにフォントを埋め込む方法

Microsoft Wordにフォントを埋め込むには、関連するドキュメントを開いてアクティブにする必要があります。

1.をクリックします File リボンで。

word-embed-fonts-1

2.をクリックします Options 画面の左側にあります。

word-embed-fonts-2

3.をクリックします Save 左に。

word-embed-fonts-3

4.検索 Preserve fidelity when sharing this document, とチェック Embed fonts in the file

word-embed-fonts-4

5.ファイルのサイズを小さくしたい場合は、 Embed only the characters used in the document (best for reducing file size)。 これには、ドキュメントにすでに表示されている文字のみが含まれるため、ファイルサイズが小さくなります。 ただし、受信者には完全な編集機能や、次のような他のスタイルの書体はありません。 Light また Semi-bold, ドキュメントにまだ表示されていない場合は使用できません。

word-embed-fonts-5

6.必ず離れてください Do not embed common system fonts 有効。 これにより、CalibriやTimesNewRomanなどの一般的なフォントでドキュメントを出荷する必要がなくなります。 おそらく、最終受信者はすでにそれらのフォントをインストールしていると想定できます。

結論

Word文書の外観を維持する必要がある場合は、文書自体に通常とは異なるフォントを埋め込むことができます。 これにより、フォント関連の表示エラーや置換が防止されます。 ただし、ファイルのサイズが大幅に大きくなる可能性があるため、注意が必要です。 編集が問題にならない場合は、PDFの方が適している場合があります。

ニュースレターを購読する!

最新のチュートリアルが受信トレイに直接配信されます

前の記事Androidで従量制Wi-Fi接続を設定する方法
次の記事レスポンシブビデオをWordPressの投稿に埋め込む方法